2013-04-29 (Mon)
ボブ・ディラン / ライク・ア・ローリング・ストーン

昔は綺麗に着飾って
乞食に小銭を投げてやったりしてたよな
君の景気が良かった時のことさ
みんなは言った
「気を付けな 堕ちちまうぜ」って
君は冗談だと思っただろ
昔は笑っていた
ぶらぶらしてる連中を
今君は声高に語ることもなく
得意げでもなく
次の食事にありつくのに精いっぱいだ

気分はどう?
気分はどう?
家もなく
誰にも知られず
転がる石みたいに生きる気分は

一流の学校に通ってたよね ミス・ロンリー
でも君は酔っ払ってばかりだった
通りで生きてく方法なんて誰も教えてくれなかった
でも今君はその生活に慣れていかなきゃいけない
変な男は絶対相手にしないって君は言ってた
だけど今わかったろ
奴らに言い訳なんて通用しない
奴らの虚ろな目を見ながら
奴らに取引をもちかけているんだ

気分はどう?
気分はどう?
一人きり
帰る家もなく
誰にも知られず
転がる石みたいに生きる気分は

詐欺師や道化師たちの苦しみを
見ようとしたことなんて一度もないだろ
奴らが何かたくらんでやって来たときも
やりたくてやってるわけじゃないなんて
君には絶対理解できなかった
他人に自分の幸せをたくすのはやめた方がいいよ
君はよくキラキラした馬に乗ってたよね
肩にシャム猫のせたお付きの者と一緒に
彼の正体が分かったときは辛かったろうね
彼が君から奪えるものすべて奪っていった後で

気分はどう?
気分はどう?
一人きり
帰る家もなく
誰にも知られず
転がる石みたいに生きる気分は

塔の上のお姫様や綺麗に着飾った人たちは
勝ち組気分で祝杯をあげて
高価な贈り物を交換し合ったりしてるけど
君はそのダイヤの指輪を外して 質に入れた方がいい
君は昔おもしろがってたよな
落ちぶれたナポレオンと 彼が言った言葉を
彼のところに行きなよ 呼んでるぜ 君には断れないさ
何も持っていないなら 何も失うものはない
今の君は誰の目にも留まらない 隠すような秘密もない

気分はどう?
気分はどう?
一人きり
帰る家もなく
誰にも知られず
転がる石みたいに生きる気分は
| Bob Dylan |