2013-08-19 (Mon)
マイケル・ジャクソン/ スレイヴ・トゥ・ザ・リズム ft. ジャスティン・ビーバー

彼女は夜 シーツの中で踊る
彼の求めるものを与えるために踊る
彼が満足するまで踊る
彼が眠るまで
彼女は夜明けに踊る
そしてすぐに朝食を作る
遅れるわけにはいかない
急がなければ
子供を学校に送り出さなければいけないから

(コーラス)
彼女はリズムの奴隷
彼女はリズムの奴隷
彼女はリズムの奴隷
愛のリズム

彼女は仕事でその男のために踊る
彼は彼女をずっと働かせる
彼女は礼儀を欠いてはいけない
彼女は言う
「今夜は家に帰らないといけないので」

彼女はキッチンのコンロで踊る
夕食は9時までに出されなければいけない
彼女は一時間遅れて夕食を出した
彼女はどうかしていたんだろう

(コーラス)

彼女は必死で働く
感謝さえしない男のために
どんなに大変か気付きもしない
それでも彼女はやめられなかった
彼の鎖を断ち切れなかった

彼女はその夜 踊った
二人が落ちるまで
彼女はもう踊らないと誓った
しかし彼女はやめられなかった
そして彼女はドアを飛び出した

彼女は一晩中踊り続けた
人生の恐怖の中で
彼女は自分自身のビートで踊った

彼女は泣き叫び
プライドを飲み込んだ
彼女は分かっていた
家に帰らなければいけないことに

(コーラス)
| Justin Bieber |